サッカーと旅好きくまの物語
by footballkuma
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
本年もよろしく。 ロー..
by footballkuma at 18:17
遅ればせながら・・・ ..
by fanyicho小姐 at 14:50
ジューンベリーも考えてい..
by footballkuma at 07:05
ブルー・ベリーも良いと思..
by fanyicho小姐 at 01:56
彼岸島知らないが、なんか..
by footballkuma at 07:21
どこかで見たことがあるよ..
by モン太郎 at 00:06
そおいえばなんか似てるな..
by footballkuma at 08:03
ア〇クーの海岸もすごかっ..
by モン太郎 at 07:46
砲台跡、燈台などなどすご..
by footballkuma at 18:14
砲台跡ですか!!面白そう..
by モン太郎 at 08:55
検索
リンク
ヘイヘイマイマイ堂
最新のトラックバック
タグ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画・本・音楽・絵( 65 )

近所の佐伯祐三の生誕地光徳寺
大阪生まれの有名な画家である佐伯祐三の生誕地が住まいの近くにあり、お寺の次男だった佐伯のお寺の看板はありますが中には入れません。

光徳寺の看板の下には名字もあるので今でも親戚の方がお住まいなのだろうな・・・フランスに戦前に2度渡り、若くして30歳で亡くなった方です。

絵は大阪市の美術館準備室などに何枚もあるようで、早く皆に見れるようにしてくれればいいのになぁ・・・

フランス・パリの風景にマッチした絵がカッコいいです。この絵も準備室にあるという「郵便配達夫」です。
e0097114_09025785.jpg
e0097114_09034669.jpg

[PR]

by footballkuma | 2018-01-06 09:13 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
若冲を見に西福寺へ 3
豊中の西福寺はこの若冲の公開で11月3日にはにぎわいますが、ほかの日は静かな地元のこじんまりしたお寺です。

帰りに本来の入口から出ていくという方法で見学させていただきました。いつもは見事な松の植木で有名なお寺です。来年もあるのだろうな・・・
e0097114_07285724.jpg
e0097114_07291753.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-12-09 07:36 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
若冲を見に西福寺へ 2
寺の中に若冲ですが、中は写真撮影禁止なのでパンフレットをいただいて中にあった絵を思いだします。

これ以外にナンバリングのふってある西福寺オリジナルの名前タグのようなものがもらえます。すべて無料というのはありがたいね。
e0097114_07204187.jpg
e0097114_07205633.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-12-08 07:21 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
若冲を見に西福寺へ 1
一年に一回、屏風の虫干しを兼ねて若冲の絵を見せてくれるお寺が豊中市にあるので、11月3日に行ってきた。

この日はいい感じの天気で、10時からというので9時20分頃には到着です。昨年はものすごい人だったようで今年は正門ではなく、裏門の駐車場からの入場です。

10時前なのにもう100人以上が並んでいて、10時になると10人ずつくらいを境内に上げてくれます。美術館でなく、ライトなどがないので見にくいのですが、本物の若冲を見学です。

e0097114_08113666.jpg
e0097114_08112279.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-12-07 08:18 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
NHKでチーフタンズ
朝たまたまNHKのニュースを見ていたら、なんとアイルランドのチーフタンズのインタビューや演奏風景で、驚きです。

少し前に横須賀をうろうろしていたときに、ポスターが貼ってあり、コンサートがあることは知っていました。埼玉の所沢での風景がNHKであり、関東エリアではけっこうやっているんだなぁ・・・・と感心です。関西では人気がないみたい・・・

来年もあるのならどこかのタイミングで行きたいものです。チーフタンズいいですよ。

e0097114_08160294.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-12-06 08:20 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
遠藤賢治が逝ってしまったなぁ
懐かしい遠藤賢治が死んでしまったなぁ・・・カレーライスがヒット(?)して、あのぼそぼそ声がもう聞けないとは・・・

昔、渋谷をうろうろしていた頃は、ワルツというカレー屋があって遠藤賢治の店でした。それにしてもアコーステックギターの速弾きがうまかったね。

今日の昼は偲んでカレーライスです。
e0097114_11341221.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-10-26 11:34 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
スティーリン・ダンのW・ベッカー逝く
数日前になつかしいバンド、スティーリン・ダンの片割れが死んでしまったみたい。またレコードを引っ張りだして追悼です。

この時代の同期である、ドゥービー・ブラザースの後期の臭いがします。少し快適なジャージーな音が懐かしいね・・・・

ジャケットにうっすらと映った日本髪の女性は日本人?クレジットを見直したけれども、何も書かれてはいないね。
e0097114_06361645.jpg
e0097114_06362814.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-09-07 06:41 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
世界を変えたレコード展 6
レコードが最近はまたはやったりしているという報道もあるけれども、レコード、カセットテープ、CDと音楽をものとして買う時代から買わない時代への変化がこのデータによく表れています。

最近読んだ本で、「誰が音楽をタダにした?」スティーヴン・ウイット著というのもあって、最近はお金を音楽に使わなくなっている現状がよく分かります。

レコードの復活というのも、一時のきまぐれと絵画としてのジャケットがいま新鮮なのだろうね・・・私はいまでも時々レコードを聞いていますが・・・

e0097114_08451922.jpg
e0097114_08500740.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-07-13 08:53 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
世界を変えたレコード展 5
レコードのジャケットには顔写真がどかんと載っているものも多くて、そういうレコードの特集もあります。
顔出しにもなっていて、観光地のように顔を出す人もいます。

なつかしいレコード・プレイヤーでは、これまたなつかしいイーグルスのホテル・カリフォルニアがかかっていました。ツインギターの泣きの音がいいねぇ・・・
e0097114_07295331.jpg
e0097114_07293717.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-07-12 07:34 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)
世界を変えたレコード展 4
レコードのジャケットはかつては「ジャケ買い」という言葉もあったくらいで、いいデザインのレコードがたくさんありました。まだ聞いていない音楽をジャケットから想像して買っていたんだよなぁ・・・

ツェペリンの変形ジャケットや、日本人アーティストではユーミンのジャケットも展示です。ユーミンのジャケットあたりは有名なデザイナー集団のものばかりです。

そういう時代でした。
e0097114_07500861.jpg
e0097114_07544423.jpg

[PR]

by footballkuma | 2017-07-11 07:59 | 映画・本・音楽・絵 | Comments(0)